電動鼻水吸引器はスピードが違う

様々な種類

電動式と手動式の鼻水吸引器の違いがどこにあるのかというと、やはり何といってもスピード感です。電動鼻水吸引器にはいろんな種類のものがありますが、ハイパワーなものだとコンセントがあって本体があって、そこからホースが伸びているタイプのものが多いですが、近ごろは電動歯ブラシのようなデザインの電動鼻水吸引器も出ています。
この電動歯ブラシのようなデザインのものは、大きさで言うと大きめサイズのデオドラントくらいになるのですが、乾電池式ですがハイパワーです。そして、従来のタイプと違ってコンセントが無いために、携帯できますし、子供が逃げても追いかけられます。そして、片手で操作できます。手動の電動鼻水吸引器では、本体やホースを持ったまま子供に近づく必要があり、子供がむずがった場合には押さえつけるのも一苦労です。
電動式は子供を抑えるための手がひとつ空きますので、それだけスピーディーに鼻水の吸引を始めることができ、そして出力も最初から高いのですぐに目的を達成できます。子供も「短時間で終わるならいいや」とばかりに抵抗することを諦めてくれるようになります。ですから、やはりスピード感のある電動は非常に便利です。子供は鼻水を垂れ流した状態で布団や壁、他の人にどんどんくっつきますから、一刻を争う鼻水処理の強い味方になってくれます。

赤ちゃんの必需品

赤ちゃんはよく鼻水が出るものですが、より手ごわくなってくるのが1歳を過ぎてからです。この頃になると、母乳育児が終わって母親からの譲り受けて来た免疫力が低下してきて、徐々にいろんな病気にかかるようになります。すると、鼻水、特に青っ鼻がよく出るようになってきます。そして本人はそれが気になるので、鼻をすすったり、掻いたり、こすったりするようになるため、できるだけ早く取ってあげるようにしないと、中耳炎になったり、鼻の入り口や鼻の下がすぐに赤く炎症を起こしてしまいます。
しかし、鼻をかんであげるにも、この時期になると逃げることを覚えますので、なかなか顔を向けてくれないことも多いです。こういう時に、電動鼻水吸引器は非常に便利です。どう便利なのかというと、鼻水が吸えることはもちろんなのですが、電動鼻水吸引器が何かオモチャのような魅力的なものに見えるらしく、子供の方から近づいてきます。これはウチの子が男の子でメカ的なものが好きだからなのかもしれません。
またよく考えて作られていて、鼻の入り口にノズルを差し、スイッチを入れるだけですから、鼻をこすったりふき取ったりする必要もほとんどなく、肌に傷をつけることもありません。しっかりパワーで粘っこい鼻水も吸い込んでくれます。自力で吸い込むタイプだと、青っ鼻などの粘度の高い鼻水にはほぼ無力です。最初から電動鼻水吸引器を買っておくと、2~3歳くらいまで使えて便利です。

カテゴリ

カレンダー

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新着記事リスト

2017年08月23日
電動鼻水吸引器の種類とメリットを更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器は中耳炎対策にも有効を更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器はスピードが違うを更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器で赤ちゃんの鼻ケアを更新。