電動鼻水吸引器は中耳炎対策にも有効

レンタルは危険

赤ちゃんはよく鼻水が出るものですが、それが詰まってしまうと中耳炎などのトラブルをひきおこすことになります。耳鼻科に行けば詰まった鼻水を吸い出してくれたり、鼻水吸引機をレンタルさせてくれることもありますが、やはり電動鼻水吸引器が自宅にあるとすぐに使えて便利です。
赤ちゃんと言うのは免疫力が最初は高いですが、徐々に弱まってきて、本人の活動範囲が広がるにつれて細菌などに接触する機会も多くなってきます。そのためにすぐに鼻水が出たり、鼻の奥にまで細菌が侵入して化膿を起こしたりして、緑や黄色の鼻水が出るようになります。特に鼻水が出ているだけなら良いのですが、鼻をすする子は少し油断するとすぐに中耳炎などになりますので、できるだけ鼻をすぐにとってあげる必要があります。そういう場面で、電動鼻水吸引器は頼りになります。
親が息を吸って鼻水を吸い込んであげるタイプの鼻水吸引機もありますが、かなりの肺活量がなければ粘っこい鼻水は取れません。親も面倒なので、よほどでないと使う機会がありません。電動鼻水吸引器ならスイッチを入れるだけなので、思い立った時にすぐに使うことができます。使用後は洗浄も簡単になっていますので、衛生的に繰り返し使うことができるようになっているので、雑菌の侵入なども無く安心です。特に中耳炎になりやすい鼻水が多い子相手には欠かせないアイテムだと言えるでしょう。

病気の予防にもなります

電動鼻水吸引器が売られているのを見ると、ついつい高いと思ってしまうがちですが、実はかなりお買い得です。鼻水を取るために数千円もかけるのはバカらしいと思うかもしれませんが、逆に鼻水の処理が上手くできなくて鼻炎や中耳炎になってしまうなら、そのための通院代や薬代はもっともっとかかるようになります。それにかかる時間などを考えると家事が回らなくなっていくものです。
ですから、最初からそういった時間やお金を減らすための投資と考えると、電動鼻水吸引器は非常ににお買い得なのです。実際、性能は非常に優れていて、粘度の高い鼻水もきちんと吸えますし、雑菌などが付着することで鼻のトラブルがおこるのを防ぐこともできます。実はその気になれば成人の介護にも使うことができるスグレモノです。
鼻水吸引機は、自分で吸い込むタイプのものもありますが、これは直接赤ちゃんの鼻に口をつけて噛むよりは衛生的ですが、鼻水を吸引するための力加減が難しく、また子供が痛がっている様子を見ると力を抜いてしまいたくなったりして、目的である鼻水の吸引ができないことも多いです。これで数百円から千円くらいかかるなら、最初から電動鼻水吸引器を買った方が、長く使えてお得なのは間違いありません。

カテゴリ

カレンダー

2018年5月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

新着記事リスト

2017年08月23日
電動鼻水吸引器の種類とメリットを更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器は中耳炎対策にも有効を更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器はスピードが違うを更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器で赤ちゃんの鼻ケアを更新。