電動鼻水吸引器の種類とメリット

奥から吸い出してくれる

電動鼻水吸引器でもどうしようもないのが、鼻水が固まってしまってカピカピになってしまっている状態です。鼻くそになってしまっているものですね。こういうものをうまく取り除くためには、温める方法が一番です。お湯などで温めたタオルで鼻をつまんであげましょう。そうすると鼻が温まってきて、鼻水も奥から出てきて固まっていた鼻水が流れ出るようになります。
この状態の時に軽く鼻を拭ってあげて塊になっている鼻水を取り除けば、後は電動鼻水吸引器で残りを一網打尽にすることができます。個人的にはこのホットタオルと電動鼻水吸引器の組み合わせは最強だと思っています。たくさんの鼻水を処理できた後は、親として誇らしい気持ちになります。鼻に詰まって固まってしまうと、綿棒などでコチョコチョやってもなかなかキレイには取れませんし、二次感染のリスクがあったり、鼻の内側を傷めてしまいかねません。
一度傷めてしまうとかゆさから鼻に指を入れて掻いたりほじったりしてしまって、見た目にも衛生的にもよくありません。そう考えると、体が自然に出してくれるようにするのが一番です。ホットタオルを使うと、鼻水などが一時的に出やすくなるので、ちょっと鼻をかんであげるくらいだとすぐにまた出てくるものですが、電動鼻水吸引器を使うと奥から吸い出してくれるのでしばらくはスッキリした状態が続きます。ぜひ試してみてください。

電動鼻水吸引器はお買い得

お子さんが風邪を引いたときに使う鼻水吸引機。様々な機種の吸引機が販売されていますが、持っている鼻水吸引機ではなかなか鼻水を吸えない、という物もあるのではないでしょうか。そこで、電動鼻水吸引器の特徴をご紹介してみたいと思います。
電動鼻水吸引器は、その名の通り、電気をエネルギー源として鼻水を吸引するパワーを引き出します。手動で行うよりも強い力での吸引が可能な代物です。口で吸うタイプの吸引機と違い、風邪がうつる心配も無いので、毎回子供から風邪をうつされる方にもオススメできます。
電動鼻水吸引器にも種類があって、一つはハンディタイプの吸引機です。これは、乾電池の電力を使って吸引を行うので持ち運びが可能となり、場所を選ばず使用できます。使い終わった後に洗うのも簡単ですし、価格も高くなりすぎないので、初めて電動鼻水吸引器を導入したい人は、このハンディタイプの物を選んでみてはどうでしょうか。
もう一つは、据え置きで使うタイプの吸引機です。ハンディタイプよりもさらに強い力で鼻水を吸引することが可能で、パワーの調節も行えます。コンセントからの電力供給が必要なので、使える場所が限られますが、病院で使われている機器と変わらないパワーが出せるのが魅力ですね。

カテゴリ

カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

新着記事リスト

2017年08月23日
電動鼻水吸引器の種類とメリットを更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器は中耳炎対策にも有効を更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器はスピードが違うを更新。
2017年08月23日
電動鼻水吸引器で赤ちゃんの鼻ケアを更新。